映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

酔いどれ詩人になるまえに

酔いどれ詩人になるまえに
■製作: 2005年アメリカ、ノルウェー
■監督: ベント・ハーメル
■主演: マット・ディロン
□評価: ☆☆ Max=3

ミネソタ州ミネアポリス、自称“詩人”のヘンリー・チナスキーは、自称詩人だが、毎日酒と競馬に溺れる酔っ払い。タクシーの運転手、缶詰工場、清掃夫など何をやっても続かなく、その場しのぎの仕事で何とか食いつなぎながら、売れない詩や小説を出版社に送り続ける日々を送っている。ある日、酒場で飲んだくれの女性ジャンと知り合い、同棲を始める。その生活も酒とセックスとギャンブル二人して溺れる自堕落なもの。それでも “言葉” を愛するヘンリーには「自分は詩人だ」と言う自負があり、酒を呑みながら湧き上がる言葉をノートに書き溜める。
現代アメリカを代表する作家、チャールズ・ブコウスキーの自伝的小説を、「キッチン・ストーリー」で注目されたノルウェーの監督ベント・ハーメルが映画化。「酔いどれ詩人になるまえに」は邦題で、原作のタイトルは雑役係の意の「FACTORUM」。
ユーモアと悲哀を滲ませる男臭い酔いどれ男を、近年は悪役として活躍しているマット・ディロンが好演している。
映画としては、酒飲みの失敗の繰り返しを発展が無いままに見せられ、哲学的な感じもあって少々疲れた。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/31(金) 08:55:08|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブラッド・ダイヤモンド | ホーム | TAXI4>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/118-c7886c0f

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search