映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない
■製作: 2007年日本
■監督:  周防正行
■主演:  加瀬亮
□評価: ☆☆☆ Max=3

フリーターの金子徹平は、大事な就職試験の面接の朝、通勤ラッシュで鮨詰めの電車内で女子中学生から痴漢に間違われる。身に覚えのない徹平は、説明すれば直ぐに分って貰えると思い、大人しく駅の事務室に行くが、近くに居た女性の証言も虚しく現行犯逮捕されてしまう。そして、警察に連行され、「ボクはやってない!」と無実を訴えるがそのまま拘留される。その後の取調べでも一貫して無実を主張するが送検され、、結局は起訴される事に。無実を信じる母親や徹平の友人・達雄の依頼でベテラン弁護士の荒川と新米女性弁護士須藤の二人が弁護を引き受けて、裁判が始まる。

周防正行監督が『Shall We ダンス』以来11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派の作品。監督が実際の痴漢冤罪事件を取材しての一作だけに細部までこだわりのある展開で、これまでの裁判映画らはないリアルさがあり、最後まで観る者を惹きつける。難しい題材をわかりやすく画き、日本の裁判制度を考えさせられる143分。主演は、『硫黄島からの手紙』に出演し、注目を集めた加瀬亮でこれが初主演作品。脇は弁護士に役所広司、瀬戸朝香、母親にもたいまさこ、友人に山本耕史で、それぞれが役を好演している。
お盆休みに、2時間以上の長さも感じずに、暑さも忘れて見入った。

スポンサーサイト
  1. 2007/08/14(火) 21:09:56|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーシャンズ13 | ホーム | 魂萌え>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/115-9ed2f201

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search