映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プロヴァンスの贈りもの

プロヴァンスの贈りもの
■製作: 2006年アメリカ
■監督: リドリー・スコット
■主演: ラッセル・クロウ
□評価: ☆☆ Max=3

独身のマックスは、ロンドンの証券会社の主任として資産運用を任され、忙しい毎日を送っている。ある日、南フランスのプロヴァンスに住むただ一人身寄りの叔父ヘンリーが亡くなり、シャトーと葡萄畑の遺産相続人であるという連絡が入る。叔父さんは、人生を謳歌するためにワイン造りをしながら、長い間プロヴァンスに住み、マックスも少年時代に毎年夏をそこで過ごしていた。
遺産売却のために30年ぶりに訪れたプロヴァンスで、レストランを切り盛りするフランス美女のファニーと運命的な出逢いをする。

ピーター・メイルのプロヴァンス・シリーズ最新作を、「グラディエーター」でアカデミー賞受賞のリドリー・スコット監督とラッセル・クロウが組み映画化。ともすればシリアスな役が多いクロウだが、コミカルなラブロマンスの主役を演じ、ほほえましい。子供時代のマックスは、「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア。相手役のフランスの美人はマリオン・コティヤールだが、何とも色っぽい。
中野サンプラザ大ホールに満杯の観客を集めての試写会で見たが、あまりの滑稽さに隣の中年男性が椅子が揺れるほど笑っていた。どこにでもあるストーリーだが、クロウの肩の力が抜けた演技で、観客もリラックスできる。

スポンサーサイト
  1. 2007/07/21(土) 00:24:54|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デート ウィズ ドリュー | ホーム | 明日の記憶>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/112-64c4084e

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。