映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

眉山(びざん)

■眉山 (びざん)
■製作: 2007年日本
■監督: 犬童一心
■主演: 松嶋菜々子
□評価: ☆☆☆ Max=3

東京でキャリアウーマンとして旅行代理店で働く32歳の咲子は、故郷の徳島に住む母親の龍子が倒れ入院したと母親の古い友人から知らせを受ける。急いで徳島に帰り、医師から母が末期ガンだと告げられる。咲子は父親は死んだと聞かされて育ったが、何でも一人で決めてしまう江戸っ子気質の母とは、小さい頃から距離感を感じていた。今回もまた、母が一人で献体を決めて登録したことを医師から聞かされ苛立つ。咲子は徳島に留まり、母の看病を続ける。そんな中、医師の寺澤と出会い、寺澤の話に後押しをされて、知らなかった母の人生を知ろうとする。そして、母の古い友人から、死んだ後に渡してくれと言われたと箱を渡される。その中には、父と母との恋愛が綴られた手紙とともに咲子の誕生日に毎年届いた未開封の書留が入っていた。父親が生きていることを知った咲子は、東京に戻り手紙に書かれた両親の思い出の場所を辿り、本郷で医院をしている父を訪ねる。
「精霊流し」「解夏」に続く、さだまさしの小説「眉山」の映画化。監督は「ジョゼと虎と魚たち」の犬童一心で、母と娘の絆や望郷の思いを、眉山と真夏の阿波踊りを背景に使いながら画いている。
松嶋菜々子が咲子を演じ、母親役は10年ぶりの映画出演の宮本信子。恋人になる若手医師の寺澤は「解夏」の視力を失っていく青年役で評価を得た大沢たかおが演じている。何と言っても凛とした江戸っ子、病魔に犯されながらも気丈に振舞う母親を見事に演じきった宮本信子が印象に残る。阿波踊り当日の実写とともに、一万名以上のエキストラを動員したというクライマックスの阿波踊りシーンは見もの。
涙腺が弱くなっているので、ハンカチを持参してよかった。

スポンサーサイト
  1. 2007/05/26(土) 15:39:33|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キンキーブーツ | ホーム | 解夏(げげ)>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/106-8c64f642

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。