映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幸福のスイッチ

■幸福のスイッチ
■製作: 2006年日本
■監督: 安田真奈
■主演: 上野樹里
□評価: ☆☆ Max=3

21歳の怜はイラストレーター。和歌山で電器屋を営む父親に反発して、東京のデザイン会社で働いている。新人にもかかわらず、その我がままさで上司と衝突し、勢いで会社を辞めてしまう。そんな折、高校生の妹から姉が倒れたので暫く手伝って欲しいと切符を同封した手紙が届く。急ぎ病院に行くと、入院しているのはアンテナ修理中に屋根から落ちて骨折した父親だった。採算度外視の「お客様第一」で、修理だけでなく頼まれればなんでもやってしまう父親とは元からソリがあわないが、仕方無く店を手伝うことにする。しかし、手伝いに身が入らず、我がままでふてくされている怜に家族はやきもき。しかしそのうちに、父親が地域の人たちに愛されていることに気がつく。

監督はこれがレビュー作となる安田真奈だが、企画・脚本に十年以上もかけたとのこと。
主演は「スウィングガールズ」「のだめカンタービレ」の上野樹里で、ワガママ、自己中の演技は、今まで以上に存在感がある上手さ。共演には元歌手とは思えない中年オヤジの味のある演技の沢田研二、「紙屋悦子の青春」で好評をはくした本上まなみという面白いキャスティング。
和歌山の田舎町人との交流と家族愛との中で、成長する女の子を描いた田舎ならではの、ゆったり感と人情を感じさせるホッとする作品だ。


追記
沢田研二を元歌手と書いたら「現役で毎年アメバムを出している。よく調べて書くように」とのお叱りを頂いた。「元」を削除して「歌手とは思えない・・・」に訂正して読んでいただきたい。

スポンサーサイト
  1. 2007/04/28(土) 17:33:56|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<バベル | ホーム | 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン>>

コメント

はじめまして^^

私のテレビ番組サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/blog001008/archives/50103322.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
  1. 2007/04/29(日) 02:36:40 |
  2. URL |
  3. 目覚ましテレビフリーク #-
  4. [ 編集]

ジュリーは歌手です。

沢田研二さんは 今でも年に1枚のアルバムを出し
そのツアーを40年もやってる現役の歌手ですよ。
ちゃんと調べて書いてくださいませ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E7%94%B0%E7%A0%94%E4%BA%8C
  1. 2007/04/28(土) 21:54:24 |
  2. URL |
  3. たんぽぽ #MckU4m1g
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moviepark.blog16.fc2.com/tb.php/103-ff1f2bdd

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。