映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

アメリア 永遠の翼

ameliaアメリア 永遠の翼
■製作: 2009年アメリカ
■監督: ミーラー・ナイール
■主演: ヒラリー・スワンク
□評価: ★☆☆  Max=3

1928年、飛行士のアメリア・イヤハートが女性として初めて大西洋を横断し、アメリカ全土がその偉業に熱狂していた。彼女は広報担当のジョージ・パットナムのサポートで広告出演や公演、著書出版と駆け回ることになる。そして彼女は、この偉業が乗客としての大西洋横断であったが、単独での横断にチャレンジする夢を持つ。そんなアメリアの夢に魅せられたジョージは、彼女に恋をし、やがて二人は恋愛から結婚へと進む。
単独横断は成功し、その後もアメリアは数々の飛行記録にチャレンジし、記録を打ち立てていく。
1937年、アメリアは最も難しい単独の世界一周飛行を決意し、これを最後のフライトにするとジョージに約束するのだが・・・。

女性初の飛行機での大西洋横断に成功した伝説の女性飛行士アメリア・イヤハートの生涯を、彼女を支えたジョージ・パットナムとの関係を交えて映画化した人間ドラマ。
「ミリオンダラー・ベイビー」などで2度のオスカー主演女優賞に輝くヒラリー・スワンクがアメリアを、パートナーのジョージをリチャード・ギアが演じている。また、アメリアの友人のパイロットとしてユアン・マクレガーが共演している。監督は、「その名にちなんで」「モンスーン・ウェディング」などのインド人女性監督ミーラー・ナーイル。
女性飛行士の苦悩と成功の日々を画いているが、あまりにも淡々と描かれていて、緊迫感が伝ってこない。遭難回避のための飛行機と地上との無線でのやり取りシーンも、手に汗握るといっものではない。実話だから仕方が無いと思うが、エンディングもスッキリとしない幕切れになっていて、爽快感は残らなかった。ただ、クラシックな飛行機の姿や風景などは、1920~30年代の雰囲気がある。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/17(日) 08:30:33|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
03 | 2011/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search