映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

必死剣鳥刺し

必死剣鳥刺し
■製作: 2010年日本
■監督: 平山秀幸
■主演: 豊川悦司
□評価: ★★☆  Max=3

東北の海坂藩の中級武士・兼見三左ェ門は、物頭をつとめていた三年前、能楽の楽しんだあと居室へ戻る廊下で藩主の側室・連子を刺殺した。
藩主・右京太夫は寵愛する連子の言いなりになり、その悪政に家臣・民などが苦しんでいた。側室の刺殺は、藩政に影響を与える連子を殺すことは藩政改革のきっかけになり、また最愛の妻を病で喪った三左ェ門にとって、死に場所を求めたものでもあった。
側室を殺めた三左ェ門は、だれもが打ち首が相応と思ったが、一年の閉門と降格という意外にも寛大な処分が下される。この処分に納得ができない三左ェ門であったが、亡き妻の姪の里尾だけを世話係として傍において、刑期を過ごすのだった。
刑があけると、三左ェ門は中老・津田から再び藩主の傍に仕えるよう命じられる。それは天心独名流の剣豪であり、“鳥刺し”という秘剣を会得したといわれる三左ェ門に密命を下すためだった。

藤沢周平の「隠し剣」シリーズ中、傑作と名高い「必死剣鳥刺し」の映画化。「愛を乞うひと」「OUT」などで日本アカデミー賞や海外の映画賞を受賞した名匠・平山秀幸がメガホンを取った。
主人公の三左ェ門に豊川悦司、ヒロイン里尾役には池脇千鶴がついている。共演は、戸田菜穂、小日向文世、岸部一徳、吉川晃司、村上淳、関めぐみなど個性ある実力派が勢揃いしている。
豊悦は、凄みを感じさせるほどの圧倒的な迫力で見るものに迫ってくる。池脇も幼さを残しながらも、女として静かに成長していく様を見事に演じている。
ストーリー自体は分かり易く、「鳥刺し」が最後で出てくるというのは分ってはいるが、最後の15分のじらしは流石だ。血飛沫もリアリティを出すためにCGではなく血糊を使っていて、目を背けるほどだ。
スポンサーサイト
  1. 2011/03/26(土) 11:00:32|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
02 | 2011/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。