映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しあわせの隠れ場所

しあわせの隠れ場所
■製作: 2009年アメリカ
■監督: ジョン・リー・ハンコック
■主演: サンドラ・ブロック
□評価: ★★☆  Max=3

リー・アンは飲食店を何店も経営する夫・子供二人とミシシッピ州で裕福に暮らす白人女性。ある雨の夜、家族との食事からの帰宅途中、濡れながらTシャツと短パン姿で歩いている体格のよい黒人青年に目を留める。その高校生マイケル・オアーが泊るところがないと知ったアンは、自宅に連れ帰り泊める。
マイケルは父親の顔も知らず、母親は薬物中毒になり、マイケルが小さい頃に家を出たまま。そんなマイケルの境遇を知ったアンは、家に住まわせることにする。最初は憐れみだったが、そのうちにアンはオアーの素直で優しい性格にお金では買えないものを見つけ、後見人となる。そして、アンは、アメリカンフットボールにオアーの隠れた才能を発見する。
アンと家族の愛情とサポートを得て、オアーの才能は一気に開花する。大柄なレフトタックルとして目覚しい活躍をみせてるようになり、有名大学から誘いを受けるようになる。しかし、学業は今ひとつで、このままでは大学の推薦入学に必要なレベルにないと知ったアンは、家庭教師を雇い、オアーも懸命に勉強する。

NFLで活躍するマイケル・オアー選手の実話を映画化した感動的な人間ドラマ。監督は「オールド・ルーキー」のジョン・リー・ハンコック。ゴールデン・グローブ賞主演女優賞、アカデミー主演女優賞に輝いていたリー・アン役のサンドラ・ブロックの演技が光っている。他のキャストは、オアー役にあまり見ないクィントン・アーロン、アンの夫役にカントリー歌手のティム・マッグロウ、実力派のキャシー・ベイツ、アンの息子役クィントン・アーロンらが共演している。
絵に画いたようなアメリカン・ドリームだが、スポーツもののサクセスストーリーは見ていて気持ちがいい。アメリカ社会の持つ、貧富の差も映画の中で見て取れる。
これが実質的なデビューとなる子役クィントン・アーロンは妙にこまっちゃくれていて、演出のし過ぎの感がある。
それにしても原題「The Blind Side」が邦題「しあわせの隠れ場所」にはどうやって化けるのだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/30(土) 14:37:16|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武士の家計簿

武士の家計簿
■製作: 2010年日本
■監督:森田芳光
■主演:堺 雅人
□評価: ★★☆  Max=3

江戸時代後半。代々御算用者として加賀藩の財政に携ってきた猪山家の八代目の直之は、算盤の腕を磨いて、周りからは算盤馬鹿と呼ばれるほどになり、真面目に日々の職務に励んでいた。
そして、直之は、商家の娘のお駒を嫁にもらい、出世をするが、出世するに連れて出費が増えて、やがて家計は火の車になる。その借金の額は、直行と父親の禄の倍にもなり、返せる見通しもなく、家財を売り飛ばすが、それでも山の借金が残る。直之は毎日家計簿をつけて大節約を開始する。
粗末な食事に、弁当箱は竹の皮。着物は1人3枚まで、碁石も貝殻に・・・。父の信之は世間体を気にし、骨董を愛する母のお常はダダをこねる。しかし、妻のお駒は直之の一番の理解者として明るく尽くして切り盛りをするのだった。

『家族ゲーム』『間宮兄弟』『椿三十郎』の巨匠森田芳光が、磯田道史の著書「武士の家計簿 『加賀藩御算用者』の幕末維新」を堺雅人主演で映画化。共演は、妻役の仲間由紀恵、両親の中村雅俊・松坂慶子、西村雅彦など演技派を揃えている。
古文書を元にした幕末の実在した武士一家の暮らしを家計を通して描いたホームドラマ的で、微笑ましい作品で、家庭とは、夫婦とはを優しく教えてくれる。
  1. 2010/10/28(木) 20:10:41|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ゴールデンスランバー

■ゴールデンスランバー
■製作: 2010年日本
■監督:中村義洋
■主演:堺 雅人
□評価: ★★☆  Max=3

数年ぶりに大学時代の友人と仙台で再会した青柳は、その友人森田から「オズワルドにされるぞ。逃げろ」という忠告をされる。直ぐ近くのメイン通りでは、金田総理大臣が地元に帰っての凱旋パレードが行われていた。その時、大きな爆発音がし、総理が暗殺されてしまう。そして、警察官たちが、二人が乗った停車中の車に駆け寄り、いきなり発砲する。青柳は、車から転がるように出て逃げるが、森田の乗った車は爆発・炎上してしまう。
そして、青柳は警官に追われる身となり、仙台の街中へと逃げ込が、身に覚えのない証拠ビデオなどが発表され、見えない巨大な力によって暗殺犯に仕立てられていく。
青柳には、宅配ドライバー時代に女性アイドルを暴漢から救い一躍有名になったことがあり、テレビのワイドショーではその時の顔写真を使い、犯人・青柳は瞬く間に一般の人に知られるようになってしまう。

2008年山本周五郎賞受賞の伊坂幸太郎の「ゴールデンスランバー」を、伊坂作品「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」でも監督を務めた中村義洋が映画化。主演は、中村監督の「ジェネラル・ルージュの凱旋」にも出演している堺雅人。ジェネラルでも共演の竹内結子が元恋人役で出ている。その他のキャストは、吉岡秀隆、香川照之、大森南朋、柄本明、劇団ひとりといった実力派が顔をそろえている。
物語は、総理暗殺犯に仕立てられた無実の男が仙台市内を二日間にわたって逃げる逃亡劇で、スリリングとは言いがたいが、主人公が学生時代から関わってきた人々が物語りに厚みを増していて、肩に力が入らずに見られる。
最後の「犯人は?」が不思議な終わり方になっているのも、井坂作品らしい。
  1. 2010/10/23(土) 14:17:01|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十三人の刺客

■十三人の刺客
■製作: 2010年日本
■監督: 三池崇史
■主演: 役所広司
□評価: ★★☆  Max=3

江戸時代末期の明石藩。藩主の松平斉韶は残虐な性格で、罪のない民衆の殺戮を繰り返していた。その暴政を訴えるため江戸家老の間宮図書が、老中の家の門前で切腹自害する。この斉韶は将軍の弟で、来年には老中になることが決まっていた。幕府の老中土井は、このままでは国のが滅びると判断し、悩んだ挙句斉韶の暗殺を決断する。そしてその役を、御目付役の島田新左衛門にさせることに決める。

新左衛門は、暗殺の準備として刺客集めを始め、御徒目付の組頭や剣豪、酒や女や博打に溺れる甥など11人の強者たちが新左衛門の元に集った。そして、暗殺計画の実行は参勤交代で江戸から戻る田舎の集落と決めて、二班のうちのひとつは、その集落の全てを買い取り、準備を進める。他の斑は、その存在を消しながら集落にむかい、山道で迷ったときに助けられた男も仲間に入れる。総勢13人になった刺客たちは、その集落でじっと敵が来るのを待っていた。一方、斉韶の参謀で新左衛門のかつての剣道場の同門仲間・鬼頭半兵衛も新左衛門たちが旅に出たとの情報を掴み、総勢300人超の武士を引き連れて帰途に着くのだった。

'63年に公開された工藤栄一監督による片岡千恵蔵主演時代劇映画『十三人の刺客』を、三池崇史監督が役所広司、市村正親らを主演にリメイクした時代劇エンターテインメント巨編。三池は今村昌平の門下生で、ジャンルを問わず、ハイペースで作品を作り続けることで有名な監督で、『46億年の恋』や『ヤッターマン』等のメガホンを取っている。
出演はこのほかに、松方弘樹、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹 古田新太、岸部一徳、平 幹二朗、松本幸四郎、稲垣吾郎、吹石一恵など豪華俳優陣が集結している。役所や市村、松方などベテラン陣の芝居もいいが、甥役の山田孝之の若いながらも落ち着いた演技が光っている。
見所はなんと言っても、田舎の集落での息詰まる決闘シーンだが、スピード感溢れる殺陣や奇抜な仕掛け、特徴豊かな13人のキャラクターなど、活劇として十分楽しめ141分の長さも気にならなかった。ただ、迫力を増すために目を背けるほどの残虐シーンが多いのが少し気になる。
  1. 2010/10/09(土) 15:09:48|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2010/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。