映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Invictus 負けざる者たち

■ Invictus 負けざる者たち
■製作: 2009年アメリカ
■監督: クリント・イーストウッド
■主演: モーガン・フリーマン
□評価: ★★☆  Max=3

1990年、アパルトヘイト政策が廃止された南アフリカ。ネルソン・マンデラは、27年もの獄中生活から解放される。そして全人種が参加して行われた初めての大統領選挙を制する。
しかし、アパルトヘイトの陰は至るところに残っていて、これまでの政府を支えた白人官僚たちは報復的な人事を恐れていた。マンデラは初登庁するやいなや職員を集めて「辞めるのは自由だが、新しい国を作るために協力して欲しい」と呼びかける。
そして、南アフリカは次のラグビーのワールドカップの開催国であり、それが一年後に迫っていた。しかし自国開催であるにもかかわらず、国の代表チーム「スプリングボクス」は、力不足で世界的レベルには遠かった。その上、チームに黒人は一人しかいなく、黒人の国民には不人気な存在だった。
しかし、マンデラはこのチームの勝利が白人と黒人の融和の象徴になると確信して、ボクスの白人のキャプテン フランソワ・ピナールを執務室に招待し、親しく話して激励する。フランソワはマンデラの「赦しの思想」に感銘し、率先して練習に取り組み、チームを鍛えていく。

1995年のラグビー「ワールドカップ南アフリカ大会」で活躍した南アフリカの実話を「グラン・トリノ」で“俳優引退宣言をしたクリント・イーストウッドが監督専任で映画化した作品。
南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と代表チームのキャプテンのピナールとの絆を軸に、チームが大会制覇に向けて奮闘する様を画いた人間ドラマ。
大統領をモーガン・フリーマン、ピナールをマット・デイモンが就いているが、この二人の演技に外れはなく、安心してみていられる。監督の息子スコット・イーストウッドも選手役で出ている。
全体として抑え目な演出で、話は淡々として進んで派手な盛り上がりもないが、それが返って作品に重みを与えている。
監督の前作「グラン・トリノ」ほどではないが、見て損は無い。

「Invictus」の意味は、ラテン語で『征服されない』とか『不屈』という意味だそうだ。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/31(土) 20:53:30|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サヨナライツカ

■サヨナライツカ
■製作: 2009年韓国
■監督: イ・ジェハン
■主演: 中山美穂、西島秀俊
□評価: ★☆☆  Max=3

航空会社のバンコク駐在として勤務する豊は、東京に残してきた光子との結婚を間近に控え、多忙な日々を過ごしている。ある日、同僚との酒席で謎めいた美しい女性・沓子と出会う。沓子の誘いに乗った豊だったが、たちまち彼女に惹かれ、お互いに激しく求め合い一夜を過ごす。
沓子は既婚ながら、一人バンコクの高級ホテルでリッチに暮らし、男性から愛されることだけが満されるという日々を送っている女性だった。
二人は、夜な夜なに溺れるように求め合うが、豊の口からは「愛してる」の言葉だけは決して出てこない。それは、東京に居る婚約者光子の存在からだった。
そして、二人に別れの時が近づいてくるのだった。

辻仁成のベストセラー恋愛小説を、妻の中山美穂を主演に韓国の製作で映画化。監督は「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン。中山は「東京日和」以来12年ぶりのスクリーン復帰で、歳相応の大人の演技で一皮向けた感じだ。
もう一人の主演・豊役は「ジェネラル・ルージュ」などインテリ役で売れている西嶋秀俊で、東京アクターズスタジオ第1期生で数々の賞を受けているだけに、落ち着いた演技はすばらしい。
婚約者・妻の光子役は石田ゆり子だが、しとやかに見えるがその裏に隠された女性の強さを上手く出している。
タイの街と女優のカメラワークは計算されつくしていて素晴らしい。異国で暮らす既婚女性と転勤族のビジネスマンとの愛を、出会いから25年間後の再会までを描いたものだが、ミポリンには激しすぎるベッドシーンと再会後のこそばゆくなるほどの話で、すっきり感がなかった。
  1. 2010/07/24(土) 09:02:24|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インセプション

■インセプション
■製作: 2010年アメリカ
■監督: クリストファー・ノーラン
■主演: レオナルド・ディカプリオ
□評価: ★★☆  Max=3

人が眠っている間にその夢の中に入り込み、その人の考えを盗むという特殊技術を持ったコブは、企業のスパイ戦争の中で、引っ張り凧だ。しかし、彼は、最愛の妻の夢の中に入り込み、それが元で妻を亡くし、あげくに国際指名手配犯となってしまう。
ある日、斉藤という日本の大企業の経営者から、競合会社のトップの余命がいくばくもないことに乗じて、潰して欲しいとの依頼が入る。それは、インセプションと呼ばれ、夢の中に入り込むだけでなく、他人の潜在意識に別の考えを植えつけるという不可能に近い最高難度の技術を必要とするものだった。
コブは、それが子供たちと幸せな生活を取り戻せるチャンスと考え、ミッションに挑むことにする。しかし、予測していなかった展開が次々と彼を襲う。

『バットマン』シリーズのクリストファー・ノーラン監督がメガホンを取った、北米映画興業ランキングで初登場1位になった評判のSF作品。
主役を務めるのはレオナルド・ディカプリオ。ストーリーのキーマン役の斉藤には、すっかりハリウッドスターとなった渡辺謙が好演している。
このほか、『JUNO ジュノ』のエレン・ペイジ、『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン=レビット、妻役にフランス女優でゴールデングローブやオスカーで主演女優賞の実績のあるマリオン・コティヤールが周りを固めている。
東京、ロス、パリ、カルガリーなど世界各地で撮影がされているところも見もの。また、SFXもかなりのもので引き込まれる。
ただ、初めて見る人にとっては、夢の中の中、またその深層をと行ったり来たりするので、理解するのは難しいのではないかと思う。
  1. 2010/07/19(月) 16:33:45|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ちょんまげぷりん

■ちょんまげぷりん
■製作: 2010年日本
■監督: 中村義洋
■主演: 錦戸 亮
□評価: ★☆☆  Max=3

会社勤めのシングルマザー・ひろ子と保育園に通う息子の友也は、ちょんまげ姿の男に出会う。そのサムライ・木島安兵衛は江戸時代の巣鴨の地蔵に参っていたところ、なぜか180年後の巣鴨のスーパーの入口にタイムスリップしたのだった。行くあての無い安兵衛は、ひろ子のマンションに住み、主夫業をすることになる。一緒に暮らすうちに3人はかけがえのない存在になり、ひろ子も年下のサムライに心を引かれていく。
炊事・洗濯・掃除と器用にこなす安兵衛だったが、ある日テレビの料理番組で見たプリンを友也のために作ったのをきっかけにスィーツをプロ並みに作るようになる。そして、ひろ子のママ友が隠れて応募した「父と子のケーキコンテスト」に友也と出場し、優勝する。それをきっかけに、安兵衛はあっと言う間に超人気パティシエになってしまい、主夫業が出来なくなる。

『アヒルと鴨のコインロッカー』『チーム・バチスタの栄光』『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督がメガホンを取り、荒木源の小説「不思議の国の安兵衛」を映画化。タイムスリップした江戸の侍が人気パティシエになるまでの顛末を描いたハートフル・コメディー。
「ラスト・フレンズ」「流星の絆」などドラマでは演技力で好評を得ているNEWS、関ジャニ∞の錦戸亮が映画初出演で、江戸から現代にやってきた侍というコミカルな役どころをうまくこなしている。シングルマザーのひろ子には癒やし系のともさかりえが扮する。著名な俳優のキャスティングはなく、街中のロケも多く、制作費を抑えているように思える。
試写会で見たが、会場は笑い声が絶えずコメディーとしては成功しているが、TVドラマとそう違いは無く、映画としての重みには欠ける。
  1. 2010/07/15(木) 20:48:27|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

恋するベーカリー

■恋するベーカリー
■製作: 2009年アメリカ
■監督: ナンシー・マイヤーズ
■主演: メリル・ストリープ
□評価: ★☆☆  Max=3

シングルマザーのジェーンは、女二人、男一人の子供を育て上げた母親。そして、全米No.1の評価を得たサンタ・バーバラの有名ベーカリーの経営者でもある。
彼女は、子供たちの父親でもある弁護士のジェイクと10年前に離婚し、今は楽しいシングルライフを送っているが、なにか心が満たされない日々を送っていた。
春のある日、ジェーンは、息子の大学卒業式に出席するため滞在しているNYのホテルで、10年別れた元夫のジェイクと再会する。そして二人はバー・カウンターで飲み、酔った勢いで十数年ぶりにベッドインしてしまう。
そんなジェーンは、自宅キッチンの改装を依頼した設計士とも親しくなり、怪しい雰囲気になる。

「恋愛適齢期」「ホリデイ」「ハート・オブ・ウーマン」の女性監督ナンシー・マイヤーズの手による大人のラブ・コメディ。
主人公のジェーンにハリウッドのトップ女優メリル・ストリープ、共演に『私の中のあなた』のアレック・ボールドウィン、『ピンク・パンサー』スティーブ・マーティンといった有名俳優を配している。

有名ベーカリーを舞台に、女性実業家の揺れる心を描いているが、ハートフルな話かと思いきや完全なコメディで、それも下半身のきわどい会話が多い。若い女性には少しきついかも知れない。また、二人の共演者が出てきた瞬間に、大方のストーリーが読めてしまった。
  1. 2010/07/09(金) 12:00:02|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
06 | 2010/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。