映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

落語娘

■落語娘
■製作: 2008年日本
■監督: 中原俊
■主演: ミムラ
□評価: ★★★  Max=3

香須美は、12歳の時に落語好きの叔父の最期に落語を聞かせたことを機に、女落語家を目指している。大学では落研に入り学生コンクールを総舐めにし、プロの門をたたく。しかし、師匠は古い落語界にあって異端児とされる三々亭平佐で、香須美は女性と言うハンディもあり、女前座として雑用に走り回り奮闘する日々を送っていた。師匠は、稽古を付けてくれないばかりか、不祥事を起こして高座からも干されてしまい、酒に遊びに溺れる日々を送っていた。
そんなある日、師匠の平佐が、テレビ局の企画に乗り、語れば死ぬという呪われた噺の「緋扇長屋」に挑むとことになる。

新鋭永田俊也の同名小説を『櫻の園』の中原俊監督が映画化し、落語家を目指す女前座の奮闘ぶりをユーモラスに描いた作品。主演には『着信アリ2』のミムラ、師匠の平佐役には落語映画『寝ずの番』で初メガホンの津川雅彦。そのほか益岡徹、春風亭昇太、伊藤かずえらが共演している。
あまり期待はしていなかったが、ミムラが直向な役を見事に演じ、津川の老獪落語家そのもののという演技も流石で、最後の禁断の噺のシーンまでの盛り上げ展開も面白く、祝日の午後を過ごすには誠に適した作品だった。
近頃、落語映画が一年に一本くらい作られるが、『寝ずの番』や『しゃべれども しゃべれども』など、他に比べ優れていると感ずるのは自分だけだろうか。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/29(水) 18:17:07|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーン・アフター・リーディング

■バーン・アフター・リーディング
■製作: 2008年アメリカ
■監督: コーエン兄弟
■主演: ブラッド・ピット
□評価: ★☆☆  Max=3

CIAの情報分析官のオズボーンは飲酒で降格され、辞職して自伝の執筆を開始する。妻のケティはといえば、オズボーンと離婚して、浮気相手のハリーと結婚しようとしている。同じ頃、スフィットネスクラブで働くチャドは、全身整形志願の同僚女性のリンダと更衣室でCIAの機密情報入りのCD-ROMを発見する。そして二人は、それはオズボーンが書き掛けの自伝の一部であることを突き止め、オズボーンを脅迫しようとするが失敗し、ロシア大使館に持ち込む。
ケティの浮気相手のハリーは、出会い系サイトで知り合ったリンダとも関係を重ねている。こうして、からみあった関係の5人が一枚のディスCDRを巡ってそれぞれの思惑で行動し始める。

アカデミー賞の主要3部門受賞の『ノーカントリー』のジョエル、イーサンのコーエン兄弟が、ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチなどの実力派の豪華キャストを揃えて撮った作品。タイトルは直訳すると『読んだあとは燃やせ』で、シリアスなスパイ映画を想像させるが、実はCIAの重要情報を巡ってのドタバタコメディ。
しかし、5人の関係も最初は不明で、筋書きも解りづらく、最後も尻切れトンボの感を拭えない。キャストだけ見て期待して観に行くとガッカリするかも。
  1. 2009/04/25(土) 16:02:35|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
03 | 2009/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。