映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジェネラル・ルージュの凱旋

■ジェネラル・ルージュの凱旋
■製作: 2009年日本
■監督: 中村義洋
■主演: 竹内結子
□評価: ★★☆  Max=3

東城大学病院の精神科の医師・田口は窓際の一人だが、一年前に厚生労働省の役人の白鳥と一緒に「チーム・バチスタ事件」を解決した功績で院内の倫理委員会の委員長になってしまう。
そんな彼女の元に、“ジェネラル・ルージュ”と呼ばれる救命救急センター長の速水と医療メーカーの贈賄疑惑を告発する文書が届く。そして、当事者の医療メーカー支店長が院内で飛び降り自殺してしまう。
田口は院長の命令により、疑惑の真相を巡る調査に乗り出すが、そこに骨折した厚生労働省の白鳥が運ばれてくる。

現役医師・海堂尊によるベストセラーの同名小説を映画化、監督は中村義洋。大ヒットした『チーム・バチスタの栄光』の続編で、救命救急の現場で起きる事件の真相を竹内結子&阿部寛の演ずる「田口&白鳥」の凸凹コンビが探っていく。物語のキーとなるジェネラル・ルージュ=速水は「クライマーズ・ハイ」の堺雅人が演じている。
医療ミステリーだが、ありったけコミカルに仕上げていて、肩がこらない。特に大げさな演技の阿部寛がポイントポイントで笑わせてくれる。前作「チーム・バチスタの栄光」よりもテンポも抜群に良くなっていてあっという間にエンディングになった。
スポンサーサイト
  1. 2009/03/07(土) 22:01:28|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
02 | 2009/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。