映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮廷画家ゴヤは見た

■宮廷画家ゴヤは見た
■製作: 2006年 アメリカ/スペイン
■監督: ミロス・フォアマン
■主演: ハビエル・バルデム
□評価: ★★☆  Max=3

18世紀末の動乱のスペイン。ゴヤは国王から宮廷画家に任命され王家の肖像画を画いて、画家の頂点に上り詰めている。その一方で彼は、社会風刺や権力批判を題材とする版画の製作にも精を出している。ゴヤにとって作品は、人間の本質を描いて、不正や嘘を暴くためのものでもあったのだ。
そんな彼は、家族ぐるみの付き合いのある豪商から、美貌の娘イネスの肖像画を頼まれる。また同時期に異端者狩りに燃えるカトリック教会の神父ロレンソからも肖像画をと依頼される。
ある日イネスが集会で豚肉を食べなかったために、ユダヤ人の疑いをかけられ、異端として捕らえられる。イネスを救って欲しいと親の豪商から頼まれたゴヤは、ロレンソ神父に嘆願。ロレンソは、酷い拷問を受け牢に繋がれたイネスに面会するが、その美しさに神父の立場も忘れて抱きしめてしまう。

『カッコーの巣の上で』『ヘアー』『アマデウス』の巨匠ミロス・フォアマンの19世紀の激動するスペインを舞台に、神父と美しい娘の数奇な運命を描いた最新作。天才画家ゴヤの目を通して、愛、欲など人間の本質を鋭く描き出している。繰り返される愚行の中での右往左往する人間の様は現代社会にも通じ、フォアマンは現代の強烈な社会や人間風刺を狙ったものかも知れない。
キャストは、威厳のある神父に『ノー・カントリー』でオスカー俳優となったハビエル・バルデム、イネスは『スター・ウォーズ』新三部作のヒロイン役で、美しさとともに存在感かあるナタリー・ポートマン。ゴヤに扮するのは、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』『パイレーツ・オブ・カリビアン』のステラン・スカルスガルド。この豪華キャスト達が迫真の演技で迫り、人間の本質を描く物語を重厚にしている。
よみうりホールの試写会で見たが、DVDよりも大スクリーンの劇場で見たほうが良い作品だと思う。

スポンサーサイト
  1. 2008/09/27(土) 09:38:17|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おくりびと

■おくりびと
■製作: 2008年 日本
■監督: 滝田洋二郎
■主演: 本木雅弘
□評価: ★★★  Max=3

幼少の頃父親が家を出て以来、今は亡き母親の手で育てられたチェリストの大悟は、所属していた楽団が突然解散してしまう。大悟は夢をあきらめ職の当ても無いまま、ウェッブデザイナーの妻・美香も賛成したことから、故郷の山形の庄内地方に帰ってくる。そして職探しを始めるが、高給・正社員の好条件の「旅のお手伝い」の求人広告を見つけ、早速面接に向かうと、社長の佐々木は履歴書も見ずに即決で採用だという。なんと仕事は、なり手のない遺体を棺に納める“納棺師”の仕事だった。
妻にも内緒でいやいやながら始めた仕事だったが、さまざまな死と向き合い、やがて、納棺師の仕事に誇りを持つようになる。しかし、それは人々の噂にもなり、美香の知るところとなる。美香は夫の職業をけがれたものと嫌悪感をむき出しにして、実家に戻ってしまう。

監督は『壬生義士伝』の滝田洋二郎、脚本は人気放送作家の小山薫堂。この二人が、
死の儀式を執り行う元チェリストの心の変化と、いく組みかの夫婦や家族の人間模様を繊維に描き出している作品で、2008年度のモントリオール映画祭のグランプリを獲得。
キャストには大悟に本木雅弘、妻・美香に広末涼子。社長役に山崎努、事務員の余貴美子、風呂屋のおかみに吉行和子、常連客に笹野高史ら実力派が周りをしっかり固めている。本木は微妙に内面が変化していく難しい役柄を上手くこなして、また納棺の儀式やチェロの演奏も板に付いたもの。広末も落ち着いた演技でよい。そして、何といってもバイプレーヤーの山崎務が素晴らしい。
『武士の一分』など藤沢作品の舞台となった庄内地方の美しい自然の移り変わりと、気にならない程度に流れている久石譲のテーマ曲も良い。また、納棺師の死出の儀式は、カメラワークや音も優れていて、美さえも感じさせる。
久しぶりに良い作品に出会った。
  1. 2008/09/15(月) 15:11:02|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3

幸せの1ページ

■幸せの1ページ
■製作: 2008年 アメリカ
■監督: ジェニファー・フラケット、マーク・レビン
■主演: アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター
□評価: ★★☆  Max=3

アレクサンドラ・ローバーは、“アレックス・ローバー”が主人公の冒険小説を書いているベストセラー作家。しかし、世界中を所狭しと駆け巡り、弱者を助ける小説の中のヒーロー、アレックスとは全く違い、実は潔癖症と対人恐怖症で引きこもって小説を書く毎日だ。
一方、地図にも載っていない小さな南の島で海洋学者の父と二人で暮らす少女・ニムは、アレックス・ローバーの大ファン。ある日、父のジャックはプランクトンの研究のためにニムを島に残して二日間の船旅に出たが、激しい嵐に襲われて遭難してしまう。島で一人留守番をしているニムは、小説を書くのに行き詰まって材料探しに島のことをeメールで問い合わせてきたアレクサンドラにメールで救いを求める。引きこもりのアレクサンドラは、意を決して彼女を救うために島へと向かう。

児童文学作家ウェンディ・オルーの小説をジェニファー・フラケットとマーク・レビンが脚本・監督をして映画化。ニム役は「幸せのレシピ」「リトル・ミス・サンシャイン」のアビゲイル・ブレスリンで、子役としてはなかなかの演技をみせている。もう一人の主役である引きこもりの作家アレクサンドラ役は今や大女優のジョディ・フォスター。彼女にしては珍しいコメディをうまく演じている。『父親と冒険のヒーローの二役を演ずるのは、『オペラ座の怪人』で好評を博したジェラルド・バトラー。
もともと子供向け小説なので子供向け作品ともいえるが、ドタバタながらハートフルでハッピーな喜劇は、大人も笑いながら楽しめる。
  1. 2008/09/07(日) 16:20:39|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

次郎長三国志

■次郎長三国志
■製作: 2008年 日本
■監督: マキノ雅彦
■主演:中井貴一
□評価: ★☆☆  Max=3

駿府清水の次郎長は、祝言をあげたばかりの恋女房のお蝶を清水に置き、渡世修行に出かける。またせ駆け出しの博打打ちの次郎長だが、その男っぷりは大したもので、旅をするうちにそれに惚れた男たちが、次々に仲間に加わってくる。大政、小政、石松に法印の大五郎・・・次郎長一家は、東海道中にその名を轟かせるようなる。そのうちに敵も増え、特に甲州で一大勢力を誇る黒駒の勝蔵、その子分の極悪人の三馬政が立ち向かってくる。そんな中、お蝶が病に倒れてしまう。

マキノ雅彦監督(津川雅彦)が、「寝ずの番」に続いてメガホンをとった二作目が、叔父のマキノ雅弘監督が十八番にした「“次郎長三国志」。中井貴一の次郎長、その他に岸部一徳、温水洋一、笹野高史、近藤芳正、北村一輝、、佐藤浩市、竹内力などの男優陣、お蝶の鈴木京香を始め女優は、高岡早紀、木村佳乃、前田亜季、真由子、荻野目慶子などの百花繚乱の女優陣のオールスターキャストで、脇役に至るまで文句のつけようがない。このあたりは流石にマキノの力だが、正統派時代劇という声があるが、映画自体は単なるチャバラ喜劇の域を出ない感じ。救いはマキノの実の子” 真由子”の威勢の良い演技で「やれば出来るじゃん」。

  1. 2008/09/04(木) 22:28:18|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
08 | 2008/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。