映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再会の街で

■再会の街で
■製作: 2007年 アメリカ
■監督: マイク・バインダー
■主演: ドン・チードル
□評価: ★★☆  Max=3

愛する家族とともにニューヨークで順風満帆な人生を送る歯科医のアランは、ある日車の中から消息がわからなかった大学時代のルームメイトのチャーリーを見かける。しかし、友人に歯科医時代の面影はなく世捨て人のような生活をし、精神的にも病んでいる様子。チャーリーは9.11のテロ事件で飛行機に乗り合わせた妻と3人の娘を亡くし自分の殻に閉じこもるようになった。そして、彼は家族の話を耳にすると、人が変わったように大暴れするのだった。アランは何とかチャーリーの心の回復をと、家庭のことも顧みず好き勝手に行動する友人に付き合うが……。

ニューヨークで9.11を体験したマイク・バインダーが監督し、徐々に家族からの阻害感を持つようになる歯科医と、殻に閉じこもる友人との触れ合いを描いた感動のヒューマンドラマ。主演は「ホテル・ルワンダ」のドン・チードルと「50回目のファースト・キス」のアダム・サンドラー。精神を病み発狂寸前の表情や、自分の過去を突然話し始めるシーンのサンドラーの表情が心を打つ。友情と家庭との間で悩む実力派チードルの演技もさすが。原付スクーターで走り抜けるニューヨークのきれいな美しい街並みも堪能できる。
だだ、淡々と話が進んでいき、盛り上がりが足りない。


スポンサーサイト
  1. 2008/01/20(日) 20:44:54|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

■ナショナル・トレジャー
    リンカーン暗殺者の日記
■製作: 2006年 アメリカ
■監督: ジョン・タートルトーブ
■主演: ニコラス・ケイジ
□評価: ★★★  Max=3

アメリカ南北戦争直後の大統領リンカーンの暗殺は、未だ謎に包まれているが、その暗殺犯人の日記の一部が発見される。その日記の残骸には、歴史学者にしてトレジャーハンターのベン・ゲイツの祖父が、暗殺者の属する秘密結社に名を連ねていることが載っていた。
ベンは父親や仲間とともに、汚されたゲイツ家の名誉を守るために、その真相を究明すべく動き出す。そして、歴史の真実が財宝とともに隠されていることを知り、バッキンガム宮殿やホワイトハウスに隠された暗号板を探し出すが、そこにはアメリカの歴代大統領だけが受け継いできた”タブー”が立ちはだかっていた。

冒険家・歴史学者のベン・ゲイツが繰り広げるトレジャーハンティングの前作に、世界33ヶ国でNo.1大ヒット記録をしたが、このメインキャストのニコラス・ケイジ、ダイアン・クルーガー、ジャスティン・バーサなどに、今回は「クィーン」でアカデミー賞受賞のヘレン・ミレンと性格俳優エド・ハリスらを加えて、さらに豪華で強力な布陣を敷いた。また、VFXもいっそう緻密にし、謎解きストーリーも意外性を持たせていて、全体的に遊園地のジェットコースターに乗ったようで、この種のエンターティメントとしては超一級といって良いのではないだろうか。
カーチェースや黄金都市でのスピードあるアクションは迫力満点で、是非映画館で見ることをお勧めする。

  1. 2008/01/06(日) 16:19:29|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

7月24日通りのクリスマス

■7月24日通りのクリスマス
■製作: 2006年 日本
■監督: 村上正典
■主演: 中谷美紀
□評価:★☆☆  Max=3

長崎市役所の観光課に勤めのサユリは、平凡で地味な女性で、退屈な日々を過ごしている。生まれ育った長崎を環境が似ているポルトガルのリスボンであるかのような妄想にふける毎日だ。少女マンガが好きで、理想の男性はそこに登場する王子さまで、大学時代の先輩である聡史を重ね合わせている。クリスマスまで1ヶ月となった頃、サユリと聡史は路面電車の中で再会をする。

芥川賞作家吉田修一の「7月24日通り」を村上正典監督ら「電車男」の製作チームが、大沢たかお、中谷美紀のペアと佐藤隆太、上野樹里、川原亜矢子などのキャスティングで撮ったロマンチック・コメディ。大沢・中谷・上野などの芸達者を起用しながら、少しおふざけが過ぎて散漫な内容となり、テレビドラマで十分という感じ。

  1. 2008/01/03(木) 16:30:40|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
12 | 2008/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。