映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

フラガール

フラガール
■製作: 2006年日本
■監督: 相日 李
■主演: 松雪泰子、蒼井優
□評価: ☆☆☆  Max=3
昭和40年、本州最大の福島県の常磐炭鉱は石炭の需要が細る中、閉山の危機に直面して大幅な人員削減がもせざるを得ない状況。そんな町を救うため炭鉱会社は、炭鉱から沸く温泉を活かして北国に“ハワイ”をという起死回生の大プロジェクト、レジャー施設「常磐ハワイアンセンター」建設の計画を進めていた。リストラ対策でここの従業員はすべて炭鉱関係者から採用。センターの目玉はフラダンスショーだが、募集に応えたのは、踊りはまったく素人の地元の娘たち。会社は、娘たちの特訓のために、本場ハワイでフラダンスを学び、松竹歌劇団のスターだったという平山まどかを東京から招く。気位の高い平山は、最初は炭鉱や素人の娘たちを馬鹿にするが、やがて少女たちが腰蓑をつけ見たことがなかったフラダンスにひたむきに取り組む姿を見て、レッスンに情熱を燃やし始める。

常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の涙と笑いを、ハワイアンミュージックと本格的なダンスで贈る感動の娯楽大作。メガホンを取ったのは新進気鋭の李相日監督。音楽はホノルル生まれのジェイク・シマブクロ。主演の花形ダンサー役は松雪泰子でスレたダンス講師を熱演している。また、中心となるフラガールの谷川紀美子を演じるのは、アニーの主役から女優となって「星になった少年」「ハチミツとクローバー」に出演して若手ナンバーワン女優の呼び名も高い蒼井優で、素晴らし演技で、ここでは松雪と並んで主演としておく。そして豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、、富司純子、といった個性派実力俳優が周りを固めている。ストーリーもダンサーとして育つ過程や、家族との諍い、すさんだ炭鉱夫たちの悩みなど単調になっては居ない。ホロリと来るシーンが後半に連続していて、涙腺の緩んでいるむきにはハンカチ持参が必須。管理人も、出来たばかりのセンターに行き、いかにも素人集団のフラダンスショーを見たことがあり、懐かしく思い出した。

スポンサーサイト
  1. 2006/09/30(土) 14:47:03|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

パトリオット

■ パトリオット
■製作: 2000年アメリカ
■監督: ローランド・エメリヒ
■主演: メル・ギブソン
□評価: ☆☆☆  Max=3

1776年、サウス・キャロライナ州。かつての戦争の英雄ベンジャミン・マーティンは、妻に先立たれ、残された7人の子供とともに平凡な農民として暮らしていた。しかし、イギリスとの間で戦争が始まり、長男ガブリエルは父親の反対を押し切り、参戦してしまう。そんな折、自宅の近くで戦闘が始まり、イギリス軍に長男を助けようとした次男を目の前で殺されてしまう。怒り狂ったベンジャミンは、再び戦うことを決意する。

「GODZILLA」「インディペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督が、名優メル・ギブソンを起用して、アメリカ軍とイギリス軍の独立戦争を描く、2時間半の戦争大作。メル・ギブだけでなく、宿敵となる非情冷酷なイギリス軍のダビントン大佐の存在が、この映画が際立ったものにした所以ともいえる。カメラワークも素晴らしく、戦闘シーンにしても映像が美しい。戦争と家族愛、コミュニティとしての人間的繋がり、奴隷問題、ヒーロー・・色々なことを考えさせられる大作だ。

  1. 2006/09/16(土) 20:15:49|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェザーマン

ウェザーマン
■製作: 2005年アメリカ
■監督:ゴア・ヴァービンスキー
■主演: ニコラス・ケイジ
□評価: ☆☆  Max=3

デイヴは、地方のテレビ局でお天気キャスターで、1日2時間勤務で24万ドルを稼ぎ出す男。幸せな家庭を築いたはずなのだが、妻とは性格の不一致で離婚。学校の送り迎えをする子どもたちともギクシヤクし、自分から離れていく前妻と子供たちに落ち込んでいる。そして、ピューリッツァー賞などに輝いた著名な作家を父親からも信頼を得られない。街を歩けば、局長から付けられた”名前”のせいで、ファーストフードを投げられる日々。だが人生最高の夢である、ニューヨークの全国ネットへの進出を叶えようと立ち上がった。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』のヴァービンスキー監督と『ナショナル・トレジャー』のニコラス・ケイジが主演として組んだ作品。静かな音楽が流れる中、淡々と進んでいくストーリーで、感激するシーンがあるわけでもなく、かといって涙の出ることもない。ただ、この暗い男が直ぐ近くに、あるいは自分自身の心の中にいるようなそんな存在に思え来るのは、やはり、ヴァービンスキーの"価値ある人生"の意味を問う技か。
父親の「人間の人生はクソみたいなもんだ。 理想を叶える為には、何かを犠牲にして、捨てなきゃいけないんだよ。」 という言葉は妙にピッタリ来る。

  1. 2006/09/02(土) 13:49:45|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
08 | 2006/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Search