映画館 【Lime Light】

ちょっと空いた時間に観た映画。 元気が出るもの、癒されるもの、考えさせられるもの・・。 そんな作品の寸評を載せています。

| ADMIN | UPLOAD | DESIGN | NEW ENTORY |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミリオンダラー・ベイビー

milliondoller.jpgミリオンダラー・ベイビー
■製作: 2004年 アメリカ
■監督: クリント・イーストウッド
■主演: クリント・イーストウッド
□評価: ☆☆☆  Max=3

ロサンゼルスで古いボクシングジムを営む老トレーナーのフランキーは、タイトルマッチに寸前で、有望な選手によそのジムに去られてしまう。そんなある日31になるマギーという女性がボクシングをしたいと門を叩き、フランキーの元で練習をしたいと懇願する。ところが、そんなマギーの必死な思いにも、頑固なフランキーは、“女性ボクサーは取らない”のひと言ですげなく追い返してしまう。フランキーの唯一の親友スクラップは、諦めずに黙々と練習を続ける彼女に素質と根性を見抜き、目をかける。やがてマギーの執念が勝ち、フランキーはついにトレーナーを引き受ける。

アカデミー賞主要4部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞)独占。ゴールデン・グローブ賞監督賞、主演女優賞を始め、全米で30を超える賞に輝いた作品。イーストウッドの渋い演技には定評があるところだが、アカデミー主演2冠女優ヒラリー・スワンクと親友役のモーガン・フリーマンも素晴らしい。ストーリー的にはラブストーリーと言っていいが、そこまでして『人』を描かなくてもと思わせるほどの最高の幸福から最悪の奈落への展開で、ヒューマン・ドラマでもある。それだけに胸を打つものがあり、さすがオスカー総舐めの珠玉の名作。


スポンサーサイト
  1. 2005/10/29(土) 20:27:11|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

クライシス・オブ・アメリカ

coa.jpgクライシス・オブ・アメリカ
■製作: 2004年 アメリカ
■監督: ジョナサン・デミ
■主演: デンゼル・ワシントン
□評価: ☆☆☆  Max=3

湾岸戦争で英雄となったレイモンド・ショー。彼は政界入りも果たし、大物上院議員である母エレノアの強力な後ろ盾のもと、若くして副大統領候補になる。一方、そんなショーのテレビ演説を複雑な心境で見入る元上官のマルコ少佐。彼は最近、ショーが英雄となった戦闘時の悪夢にうなされていた。敵の急襲でケガを負い意識を失ったマルコに代わり、たった独りで敵に立ち向かい部隊を救ったのがショーだった。だがマルコの脳裏に甦るのは、その事実とは異なる不可解な記憶。疑念が深まる中、マルコはついに独自の調査を開始し、生き残った部隊員が同じように悪夢に悩んでいることを突き止める。そして、洗脳された人物をホワイトハウスに送り込み世界の支配を目論む巨大企業の存在が・・。

監督は「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミで、62年の作品をリメイク。主演のデンゼル・ワシントンは相変わらず上手いが、脇をメリル・ストリープなど名バイプレーヤーで固めている。その中で、謎の女性役のキンバリー・エリスが新鮮。ストーリーはヒネリもあって、なかなかスリリングな展開で厭きさせない。硬派な政治サスペンス好きには、秋の夜長にお薦めの作品。
  1. 2005/10/08(土) 07:26:44|
  2. 映画寸評
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

らいむ

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Counter

カウンター by  HomePage Counter
09 | 2005/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。